小学校1年生の子供が持久走、超人レベルの速さだった!

スポンサーリンク

冬になるとやってくる持久走の授業!お兄ちゃんは毎年学年1位を争って努力していますが、なんと、弟くんがすごかった!

軽々学年1位をとってしまいました!しかもお兄ちゃんの小学校1年生の時の記録を遥かに超えている…。

こんなに足が速くなるためには、日々どんな練習をしていたのか?知りたくないですか~?

持久走が苦手で、毎年辛い!逆に得意で、絶対に学年1位を取りたい!という方にオススメの練習方法です。

スポンサーリンク

小学校1年生男子、持久走3分で何メートル?

息子の小学校では、小学校1年生は3分間走ります。

息子の記録は3分間でグラウンド四周ピッタリでした!

グラウンド一周200メートルですが、低学年は内回りをするので200メートル弱です。

計算してみると、約770メートル走れていました!

もし同じペースで4分間走ったとすると、1000メートルを超える(1024メートルほど)ことになり、これは超早いレベルです!

(4分間で1000メートル走れていれば身体力テストで満点を取らもらえるレベルの速さです!しかも高校生で!)

そして、この記録がどれくらいすごいかというと、4年生のお兄ちゃんの学年で速い子達が、4分間でだいたい4周と4分の3位の記録だったそうです。

4年生になると低学年よりも少し外回りを走るので一周の長さは少しだけ長くなるものの計算したところ、だいたい4分間で997メートルほど。

4年生の速い方の子でも、4分間で1000メートル超えられないんですね。(学年で一番早い子は超えてきます)

なので、小学校1年生で4分間で1000メートル越えの速度で走ることがどれだけすごいことかがわかりいただけますでしょうか!?

小学校1年生、持久走3分間の平均記録は?

ちなみに他の子はどれくらいだったかというと、3周を超えてる子は結構いたけど三周とちょっとくらいの子がほとんどだったということ。

平均して3分間で580メートルほど。

このペースで4分間走ると780メートルほど走れることになります。

長距離が速くなるための練習方法

さて、まさかのノータッチだった弟くんがこんな記録を打ち出してびっくりしているのですが、なんでこんなに速くなったの?生まれつき?と考えてみたところ、

そういえば、お兄ちゃんの練習に毎日付き合っていたじゃないか!と。

何をやっていたかというと、

毎日5分間走る

これだけです!

なんだ、結構やってるじゃないかと思いましたか?

でもね、これ全然大変じゃないんですよ。そんなに速く走る必要はありません。毎日おしゃべりしながらジョギングをするくらいの速度です。

横に並びながら私も一緒に走るのですが、今日あったことなどをおしゃべりして親子のコミュニケーションにもなるし、しゃべりながら走るくらいだから全然苦しくないし、全く苦痛なく毎日続けることができました。(でも、夏は汗だくですけどね)

こんなので本当に力がつくのかなぁとちょっと半信半疑でしたが、試しに半年間やってみたところ、この記録です!

日々の体力作りにもなるし、ママのダイエットにもなるし?(あ、私は全然痩せていないので、あまりに軽い運動すぎてダイエット効果はないかも)、知らない間に長距離の足の速さが身についたようだし、絶対やってみる価値ありだと思います!

とにかく継続は力なり!

今から始めれば1年後、グーンと伸びているかもしれないですよ!?

コメント