超簡単!フェイクスイーツでスタバドリンクの作り方!

前回、スタバのカップの作り方をやったので、今度はいよいよスタバドリンクの作り方です!

見た目は派手なのに、とっても簡単にできちゃいますよ~!

置物として飾るだけの用途なら、100均の紙粘土で大丈夫なので、お金もかかりません!

セリアの紙粘土(白)に、タミヤデコレーションカラーのミルクティーを混ぜます。

 

 

完璧には混ぜず、こんな風にマーブルになるように。

 

 

ここで注意!!

紙粘土は乾燥すると縮むので、どうしても底の部分に隙間が空いてしまいます。

それを防ぐために底の部分にガラス絵の具を入れました。

こちらがダイソーで売っているもの。

茶色がミルクティーっぽい色なので、今回は茶色を入れてみました。

 

スタバドリンクのカップの内側の側面にくっつけるようにして入れます。

 

粘土の節約のため、内側にはティッシュを詰めます。

その上に粘土をくっつけます。(ティッシュだとボワボワ浮いてきてしまって、この後の作業がしづらいので)

 

クリームを渦巻き状に絞ります。

今回私が使ったのは、ダイソーで売っているこちらのホイップ粘土です。

お菓子コーナーにある星形の絞り口に詰め込んで、指で押し出す感じ。

こちらは触り心地は粘土なので、絞った後にも手で持つことができます。後から形を整えられるので初心者にはいいかも。

 

今回は使用しませんでしたが、私が愛用しているのはホイップるで買ったクリーム。

 

これは、本物っぽい触感なので、絞った後に触ったらぐしゃっとなります。ぶっつけ本番なので難しいです。

でも、こちらのほうがいろんな絞り方ができて自由自在なので、かわいいデザインも作れます。

便利なのは、途中で口を付け替えられること!普通のビニール袋に絞り口を入れるやり方だと、途中で違う絞り口に変えられませんからね。

 

2色のミックスになってるバージョンもあるので、すごくかわいいデザインが作れます。

チョコミルクだけでなく、イチゴミルクとか、黄色×ミルク、緑×ミルクなどあります。

 

最後にチョコソースやトッピングをつけて出来上がり!

 

 

ここまでの作業、15分くらいでしたよ~!

とっても簡単!ぜひやってみてください😋